注目の記事 PICK UP!

脱老け眉!アラフィフ女性のー5歳若くみせる眉テクニックとは?

「若い頃から眉を描いているはずなのに、どうやって描いたらいいのかわからない」
「今さら化粧品コーナーで教えてもらうのも恥ずかしい」

眉の悩みを抱えつつアラフィフとなった今、どうにかして老け眉から脱出させたいですよね。

さらにマスク生活となった今、見た目年齢は目元で判断されています。
特に眉毛は年齢が出やすい部分なので要注意!

ぜひ元美容部員が書いたこの記事を参考に、ー5歳眉の描き方テクニックを手に入れてくださいね。

流行眉はストレート太眉、昔の眉は要注意!

最近流行っているストレートの太眉は、若い子だけだと思っていませんか?
実はアラフィフ女性もー5歳若くみせるためにストレート太眉がおすすめです。

約30年程前のバブル時代はボディコンやコンサバ、高級ブランドを身につけて大人の女性にみせるのが流行でしたよね。

眉も細く長くアーチ型の大人っぽい眉の女性が街中にあふれていましたが、今もそのなごりが抜けていない女性も多くいるのではないでしょうか?

下の絵を比べて見てください。AとBどちらの顔が長く見えるでしょうか?

正解は両方とも同じ長さです。
しかし、Aの顔のほうが長く見えませんか?眉だけでこんなにも顔の印象が変わります!

これは目の錯覚効果によるもので、顔の長さが短い印象のBが若々しく見えますよね。
ではさっそくストレート太眉の描き方テクニックをお伝えしていきます。

ストレート太眉の描き方

①眉のは長さは短めに描く

眉尻は、口角とアイラインの終わり部分である目尻を結んだ延長線上に描きましょう。

②眉の下をややストレートに描く

眉頭の下と眉尻の下を同じ高さに、ややストレートに描きます。眉尻を下げて描くと目がたれて見えるので注意!

③眉山は緩めにつくる。

眉頭より、やや上の位置で目尻の上あたりに少しだけ眉山をつくります。

④眉の上も、ややストレートに描く

眉頭〜眉山まで眉の太さが同じになるよう描き足します。

太眉をナチュラルに仕上げるおすすめアイテム

・太眉を描くアイテムはペンシルとパウダーで

形を作るにはペンシルが便利です。ここで注意しなければならないのが線で繋げず一本一本眉を描きましょう!

パウダーは眉がたりない部分へソフトに仕上げます。

上から

・インテグレート ビューティートリックアイブロー 全2色
・インテグレートグレイシィー チップオン パウダーアイブロウ 全3色
・インテグレートグレイシィー アイブローペンシル(ソフト) 全3色

・仕上げは眉マスカラでなじませる

地眉の色と描いた色がなじんでソフトに仕上がります。
アイブロウの色が明るい場合は、地眉の色より明るめの色を選びましょう。

・インテグレート ニュアンスアイブローマスカラ 全5色

これだけは気をつけよう!NG眉にならないポイント

注意①・眉を描くときは鏡に近づき過ぎないようにする

 顔全体が鏡にうつる位置で眉を描きましょう。近づきすぎると左右の眉がアンバランスになり、濃く描きがちになります。

注意②・眉頭を濃く描かないようにする

眉を描く前にカットをすると、必要な部分を切りすぎて失敗しやすいです。
眉を仕上げたらアイブローブラシで毛流れに沿っておさえ、眉からはみ出した部分をカットします。

眉の印象であなたの魅力が決まります!

良くも悪くも、眉であなたの印象が決まるといってもいいくらい眉は大事なメイクポイントです。
脱老け眉をするには今回ご紹介したテクニックポイントを意識して日々描いてくださいね!

〈美容ライター〉coto

関連記事

  1. ミニマムで簡単!マスクをしていても崩れにくい美肌ベースメイク術

  2. 【ブラウンメイクに飽きた方必見!】台湾生まれの『heme』で作るおしゃれクールEye♡

  3. 5分で終わる♡「簡単アイメイク」         

  4. 【ブルべでも似合う♡】オレンジアイシャドウでこなれメイク

  5. プチプラとは思えない?! こなれ感のある大人女子になれる【ベージュアイシャドウの使い方】

  6. 初カーキに挑戦♡パーソナルカラーでみる似合うカーキの選び方

  7. 朝のメイクを簡単に♡マルチユースコスメ3選と使い方

  8. 単色アイシャドウ初心者でも大丈夫!上手な選び方&使い方

PAGE TOP