注目の記事 PICK UP!

子育てや仕事で忙しくても美肌を目指すスキンケアのコツ♡

周囲と差をつける!美肌になるためのスキンケアのコツとは

スキンケアは、コツを知ればより高い効果が期待できます。周囲と差を付けて美肌を目指したいなら、コツを知ることが近道です。

今回は、美肌になるために大切なスキンケアのコツをまとめました。スキンケアのコツを知れば、普段のケアから周囲と差をつけられます。子育てや仕事で忙しいが、肌ケアにはしっかり力を入れたい方にはとくにおすすめです。

自分の肌質にあうスキンケアをする

  • 乾燥肌
  • 脂性肌
  • 混合肌
  • 普通肌

肌質には、大きく4つのタイプがあります。自分の肌質にあうスキンケアを行うことで、足りないものを補ったり肌調子を整えたりすることが可能です。自分にあうスキンケアをしないと、肌トラブルを招く可能性があります。まずは、自分の肌質を知ることが大切です。

紫外線対策を忘れずに行う

紫外線はシミやたるみ、そばかす、乾燥などありとあらゆる肌トラブルの原因になる存在です。夏に限らず1年中紫外線対策を行って、「光老化」を予防しましょう。

スキンケアをした後には、必ず日焼け止めを塗ります。すっぴんの状態では肌がデリケートな状態で、紫外線によるダメージを受けやすいです。日焼け止めやSPF入りのクリームを塗るなど、自分にあった紫外線対策を取り入れましょう。

スキンケアは温めてから押し込むイメージ

スキンケアをする際には、手のひらで温めてから行うと浸透しやすくなります。押し込むようなイメージで、優しく付けましょう。パンパン叩いたりゴシゴシ擦ったりするのは、絶対に避けてください。

肌に悪影響!?NGスキンケア方法

肌はデリケートであるため、方法を間違えると肌トラブルの原因になる可能性があります。今回は、肌に悪影響を与えてしまう絶対NGなスキンケア方法をまとめました。

・ゴシゴシ擦ったり叩いたりしない

洗顔やスキンケア時には、肌を擦ったり叩いたりするのは避けましょう。肌への刺激が強いため、肌トラブルの原因に。ニキビや乾燥など、美肌を目指す上で避けたいトラブルを招く可能性が高いです。

・肌に合っていないものは即変える

スキンケアが肌に合わないまたは調子が悪く感じたら、すぐに使用を中止しましょう。勿体ないからという理由で肌に合わないスキンケアを使い続けると、肌トラブルの原因に。ヒリヒリ感やかゆみ、赤み、ニキビなどの症状がでたら1度スキンケアを見直すのがおすすめです。

子育てや仕事で忙しくても美を諦めない!コツを掴んで周囲と差を付けよう

わざわざまとまった時間を確保してスペシャルケアに力を入れなくても、毎日のスキンケアをしっかり行えばより高い効果が狙えます。自分にあった正しいスキンケア方法を取り入れて、コツコツ潤いのあるツヤ肌を目指しましょう。

関連記事

  1. 【北海道・東北エリア在住の方限定】 アトピー性皮膚炎患者さん向けオンラインワークショップ開催

  2. 子育てや仕事で忙しいママ必見!お疲れ肌を癒すスペシャルケア方法

  3. 雨が続く時期でも気分爽快!【コラリッチ リンクルホワイトローション】おすすめ使用方法をご紹介

  4. 忙しい女性の味方!オールインワンの正しいスキンケア方法

  5. 忙しくても問題なし! 時短アイテムで効率よく、 美肌を育む”優秀時短スキンケア̶…

  6. 忙しい朝の洗顔を簡単に!拭き取り化粧水の正しい使い方

  7. 忙しい女性におすすめ!”ながら美容”でキレイになれるマスクパック8選

  8. 【忙しくてもキレイを諦めない!】簡単だけど効果的な美容法5選

PAGE TOP